治療のこと

治療を受ける、というと、「治してもらう」という解釈をされる方が多いのではないか、と思います。

病気よろしく体の異常は、誰かに治してもらうもの、という思い込みが蔓延っている現代ですが、それに起因する病症の慢性化、心身の弱体化、自身に対する無責任すらしばしば見受けられる今日この頃です。

 

身体は生きている限り、壊れることもありますが、治るようにできています。言い方を変えれば、その繰り返しで生きています。身体は生きて毎日作り続けられる中で、治っていくのが普通です。

なかなか治らない、再発を繰り返す、といったことが起きてくるのは、身体が治る力を発揮しにくい状態になっているためで、身体をとりまく環境の影響下で、自ら知らず知らず症状を招く考え方・行動を重ねている、という原因が絡み合っているためです。

 

ご自分でご自身に身についたそれら考え方や行動の癖に気づき、解決できれば問題はないのですが、知らずと身についたことなので、気づきにくく、助けの必要な場合が多々あります。

 

ですから、施術と会話を通じ、自ら治る力を発揮できる体、ひいては考え方を育んでいくお手伝いをさせていただきますことを、当庵では「治療」としています。結果としてもちろん症状は緩和されていきますが、状態によっては治まるのに時間が必要な場合もございます。ご了承の上、受診していただきますようお願いいたします。

全身、あなたそのものが対象です!

鏡に映った自分の顔を見て、どこからどこまでが自分の鼻であるか、正確に言える人がいるでしょうか。

 

言葉の上では分けられても、つながって成り立っている私たちの体。

見た目はもちろん、その機能においても単独で発揮されるものではありません。

それは同時に負担についても言えること。その時々、様々なバランスで負担を分散しています。

ですから、どこかが痛いからといって、そこだけが悪いということはありません。

 

例えば、腰痛、腰は体を表す月に要(かなめ)と書くように、負担が集中しやすい場所、声をあげやすい場所です。他に異常があって働きが悪い分の負担を、腰が請け負って、痛みや違和感というように表現します。

だいたい、痛いところ、表現がはっきりしているところは正常に働いているところです。

問題点は別にあって、黙して働けていないところです。

 

治療は痛いところなど、体の表現を黙らせればよい、というものではありません。

無理に黙らせれば、その不満が更に体の中身をややこしく歪めることも。

黙しているところにも氣を向けて、つながりを築き直していくことが大切です。

体は治るようにできている。治る力を発揮できる体を育みましょう!

自分の体はもちろん自分自身そのものですから、自らの行動と切り離すことはできません。

瞬間、瞬間、自らの行動で自分の体が作られています。

使うことで発達し、使わなければ衰える。

 

例えば、職人さんがスムーズに仕事をこなしていけるのは、決してやり方を知っているからだけではありません。仕事の中で何度も目的に向かって動きを練り直し、仕事に対してスムーズに動ける体を作り続けているからです。

 

そうして体は絶え間なく変化し続けていますから、鏡では同じように見えても、昨日の自分と明日の自分は違います。もっと厳密に言えば、今の自分と、次の瞬間の自分も違う。

体の不調、というのも作り続けた今の体の状態を表しており、生きて変わり続けている過程です。行動を変え、体が変わっていくことで、その行動によりけり、良くも悪くも不調も変化していきます。

どんな不調、病気であれ、生きている限り、治っていく可能性があります。

あなたの今をとらえる完全オーダーメイド治療!

自分はもちろん、他の人も絶え間なく変化していますから、自分と他の人で歴史が違うように、体の中身、はたらきの程度、バランスはまるで違っています。

 

例えば、一口に腰痛と言っても、人によって、原因、程度、問題のある場所など中身は百人百様、ということが起こってきます。

 

当然、体に関して、マニュアル的なことは限界が生じます。全ての人に有効な治療法というものが未だ存在せず、あの人はこういっているが、この人はまるで正反対のことを言っている、ということが生じてくる道理です。

 

理屈的なマニュアルに体をあわせろ、というのが乱暴で無理な話ですが、悲しいかな、ご自分の歴史、そして進行方向とは相いれないマニュアルを導入して、かえって体をいびつにしている方が多い今日この頃。

誰かの作ったマニュアルは必ずしも通じない自分の体ですが、行動を通じて作り続け、変化させていくことはできます。生きている限り。

 

それは同時に、今まで取り込んだマニュアル、即ち支配や束縛からの脱却であり、自分自身の人生を築いていく、ということでもあります。